1. HOME
  2. ブログ
  3. ありふれたサラリーマンが教育事業に挑戦する理由

ありふれたサラリーマンが教育事業に挑戦する理由

blog_自己紹介_大澤

自己紹介

はじめまして。私には妻と2歳になる娘がいます。電気機器メーカに勤務するサラリーマンですが、現在仲間と共に教育事業を興そうと奮闘中です。

今回、私がnoteを始めたきっかけにも繋がるのですが、なぜ”普通のサラリーマン”が教育事業へ挑戦するのかを少しご紹介できればと思います。

裸の自分

3〜4年ほど前から、勤めている企業の名刺の力を借りず、いわば裸の自分の力を試してみたいと思うようになりました。日々の仕事に不満があったわけではありませんでしたが、10年近くも同じ場所で働くと自然と外の世界に興味が湧くんですよね。

しかし、自分一人ではどうにもならず、忙しい日々に追われ変化を起こすことができませんでした。

選択できる力

そんな中、気心の知れた社会人サッカーチームのメンバー3人と、活動の拠点としてお世話になった埼玉県川越市に対して何か恩返しがしたいよね、と話をするようになり、自然と事業を興してみようという流れになりました。

メンバーと議論を重ね、たどり着いたテーマは、ズバリ「教育」でした。

私が今幸せな生活を送れているのは、間違いなく教育のおかげであり、そこで培った生きる力、自らが進む道を「選択できる力」があったからです。

と同時に、もっと真剣に学習をしていれば、その力を更に伸ばすことができ、自分の可能性をより広げられたのではないかという後悔もあります。

ひとりの父として

自分の子どもや未来の世代には、そうした「選択できる力」を平等に身に付けてほしい、付けられる環境を提供したい。私はもちろん教育機関に勤めるものではありません。まして、教員免許も持っていません。

それでも、普通のサラリーマンとして、ひとりの父親として、子どもたちがもっともっと、それぞれの夢を叶えられる世界となったら、どんなに素晴らしい世界なんだろうか、と強く願うようになりました。

30代も中盤を迎え、自分の力をどう社会貢献に活かすべきか。

考え抜いた結果であるとともに、思うがままに進んだ結果でもあります。
未来の子どもたちのために自分の力を使いたい、それが私の想いです。

https://note.com/aki1oo1/n/n6245a274c866

==========================

【執筆者】大澤彰浩 Akihiro Osawa
ひとりのサラリーマン、ひとりの父親として、未来の子どもたちに残せるものを。
平凡なサラリーマンが事業開発にチャレンジする日々をありのままに。
weclip/日立製作所/明治大学/埼玉県立川越高校

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事