1. HOME
  2. 特集
  3. 富⼠⾒市⽴⽔⾕⼩学校と連携し、地域とともにつくる新しい学びづくりをスタート

SPECIAL

特集

富⼠⾒市⽴⽔⾕⼩学校と連携し、地域とともにつくる新しい学びづくりをスタート

– 異年齢グループで⾏う総合的な学習の時間(⽔⾕博⼠タイム)-

埼⽟県富⼠⾒市⽴⽔⾕⼩学校では「協働的、探究的な学び」の実現のため、3年⽣〜6年⽣の異年齢が混在するグループで地域社会と協働する学びを⾏います。(株)weclipは、その新しい取り組みを『事業づくり』の観点から⽀援します。

教育支援事業を行う株式会社weclip(本社:埼玉県川越市、代表取締役:横田泰成)が、2021年6月3日(木)より埼玉県富士見市立水谷小学校における新たな授業づくりの支援を開始しました。また、2021年11月10日(水)には協働先である「しあわせパン工房KoMugi」と児童によるレシピ開発に向けた意見交換会を行うことを、お知らせします。
【URL】https://weclip.jp/


左から、⼤澤(weclip)、松原(weclip)、林先⽣(⽔⾕⼩)、⼤畠校⻑(⽔⾕⼩)、横⽥(weclip)、中嶋(weclip)。

 

  • 「協働的、探究的な学び」を実現するために、新たな学びづくりへ取り組む

2021年度より富⼠⾒市⽴⽔⾕⼩学校(以下、⽔⾕⼩学校)では、「総合的な学習の時間(⽔⾕博⼠タイム)」において画期的な取り組みを始めました。3〜6年⽣が混ざり合うことで異年齢のグループを形成して学びを⾏っています。それにより、子どもたちが互いに協働し探究的な学びを実現することを目指しています。
⽔⾕⼩学校では、この「協働的、探究的な学び」を実現するためには地域社会との関わりが不可⽋との考えと共に、“unlearn”(学びの再構築)というコンセプトのもと既成概念に囚われない学びづくりをするためには、外部の⼒が必要との考えをお持ちでした。
そこで協育事業を⾏っているweclipにご依頼をいただき、この度、学びづくりを⽀援していくこととなりました。

■新たな学びづくりに対する⽀援内容
1.「総合的な学習の時間(⽔⾕博⼠タイム)」における授業設計
2.授業設計における地域企業や店舗等との交渉
3.講演授業における必要⼈材の斡旋 

企業勤めのweclipメンバーが得意とする対外折衝をはじめ、ビジネスの観点を基盤に授業設計の⽀援を⾏っています。

  • 富⼠⾒市⽴⽔⾕⼩学校について

・所在地:埼⽟県富⼠⾒市⽔⾕1-13-3
・校⻑:⼤畠 仁
・開校:明治22年5⽉22⽇(「⽔⾕尋常⼩学」として設置)
・教育理念:「社会が劇的に変化する中で、⾃由に⽣きていく⼒を育む」
「⾃由に⽣きていく⼒」の源は「気⼒」である
・教育⽬標:「かしこく」「やさしく」「たくましく」

  • しあわせパン工房KoMugi(コムギ)について

・所在地:埼玉県富士見市東みずほ台1-3-14 高野ビルディング 101
・代表:星野 健史
・電話番号:049-268-7001
・店舗
KoMugi みずほ台本店:埼玉県富士見市東みずほ台1-3-14 高野ビルディング 101
KoMugi 鶴瀬店:埼玉県富士見市羽沢2-17-11(2021年11月1日オープン)

  • 株式会社weclipについて

私たちweclipは、それぞれ学校教育、家庭教育、地域社会教育の3つの教育で⼦どもたちを育む「協育」と、そこに関わ る⼤⼈も共に成⻑する「共育」の実現を⽬指しています。

■持続的な教育⽂化をコエドから⽣み出す協育プロジェクト
<協育プラットフォーム「coedu (コエデュ)」>

【地域とともに作り上げるニューノーマルな教育基盤】
1.学校と⺠間企業との連携強化
2.学校と児童館各他団体との連携強化
3.先⽣と先⽣、先⽣と保護者の連携強化
4.地域住⺠主体型の課外授業
5.⼦どもたちの(最低限の)基礎学⼒強化
6.基礎運動能⼒の向上
7.教育に関する情報発信

▼企業理念・経営⽅針
VISION:⼦どもたちにより豊かな未来を
学校、家庭、地域、企業と連携した教育機会を⼦どもたちに提供することで気づきを与えます。
⼦どもたちがより豊かな⼈⽣を歩むためのサポートをします。

MISSION:⼈⽣を伝える Experience is treasure
教員免許がなくても、塾講師の経験がなくても、教えられることはたくさんあります。
私たちの経験を伝えることが、⼦どもたちの未来を明るく照らします。

VALUE:共に育つ Share anything
地域に住む⼈々と⼦どもたちをつなぐ。
「協育基盤」をつくることで⼦どもと⼀緒に⼤⼈も育つ。
そんな未来を描いています。

▼メンバー紹介
●横⽥ 泰成 Chief Business Director
weclip共同代表。2003年に東急電鉄グループの⼩売事業である東急ストアに⼊社。1年半の現場経験を経て、本社経理 ・財務・経営企画を担当、東急電鉄専務を兼務する社⻑の秘書として社⻑塾で学ぶ。
2013年、スポーツビジネスを学ぶため、Under Armourの⽇本総代理店である㈱ドームへ転職。スポーツアパレル(Und er Armour)・スポーツニュートリション(DNS)・スポーツメディカル(D-Medical)・スポーツパフォーマンス(DA H)とスポーツに関する包括的な事業を展開する㈱ドームでスポーツビジネスの本質に触れながら、財務戦略や事業戦略を担当。現職は、Vice Head of Corporate Div. & Head of CFO office。
全⽶エクササイズ&スポーツトレーナー協会 Kids Hight Performance Specialist、スポーツメンタルトレーナー

●松原 吉輝 Chief Business Producer
weclip共同代表。クリエイティブエージェンシー企業にて⼤⼩様々なプロジェクトを担当し、2年半後、コンサル企業へ転職。責任者としてサービスを提供する⽇々を送るが、「お客様に⼼から満⾜していただけるサービスが提供出来ているのか」と⾃問⾃答する⽇々を送る。そして「実際に、会社経営と店舗運営を⾏ってみないと本質的なコンサルティングサ ービスを提供できないのではないか」と思い⾄り、ネットショップと実店舗を運営する10名ほどの会社に実質経営者として⼊社。財務戦略、組織運営、マーチャンダイジング、出荷業務等⾏い、任期1年半で売上倍増、3年間⾚字だった資⾦繰りも⿊字転換させる。2016年9⽉にGIVE&GIVE(株)を設⽴し、EC運営代⾏、ECコンサルティングサービスを軸に事業を展開する。また2021年に新規事業開発・事業プランニングを専⾨で⾏う会社(株)HItoHIを設⽴。

●⼤澤 彰裕 Chief Business Planner
weclip共同代表。デジタル・IT技術を活⽤して様々なお客さま、エンドユーザの当たり前を変えることで、より豊かな⽣活作りに貢献したいという想いから、⽇⽴製作所に⼊社。⼊社以来国内⼤⼿鉄道事業者、及びそのグループ会社等のアカ ウント営業に従事。約8年間営業系基幹システムの担当として、交通系ICカードや旅⾏販売システムなどのミッションクリティカルなシステムを幅広く担当。その後、2016年よりITインフラ担当としてデータセンター等プラットフォームインフラを担当。また、並⾏してIoT、ロボット・AI、デジタルサイネージ、メンテナンス領域におけるデジタルデータの利活⽤や業務コンサルティングを幅広く担当。あるものを売るのではなく、お客様とともに今ない価値を創出したいと奔⾛。2018年にはお客様と共同開発した指令⽀援システムで2018年グッドデザイン賞受賞。システムあわせてMaaS領域においては、新規事業計画等上流からの事業企画に参画。

●中嶋 峻 Chief Business Marketer
weclip取締役。2006年に国内⼤⼿住宅設備機器メーカー⼊社、⼤きな市場で仕事をしたいと⾸都圏集合住宅部⾨を希望し、無事配属され⼤⼿デベロッパーとゼネコンを担当。約6年に渡り法⼈営業のイロハを学ぶ。 2012年「エンドユーザーの顔が⾒えて声が聞こえる仕事がしてみたい」と葛藤していたところ、ヘッドハンティングにより外資系⽣命保険会社に転職。前職とは⼀転、最初の3年は個⼈営業に特化。現在は個⼈保険に加え個⼈相続対策、法⼈の財務強化や事業保障、相続事業承継対策として、各専⾨⼠業と連携しながら幅広くコンサルティング営業を展開。モットーは「お客様が気付いていない問題点を探し出し、それを解決することで、経済的な保障と⼼の平和を提供すること 」

●⻄⽥ 雅史 Adviser
weclipアドバイザー。東京都内公⽴⼩学校教員。初任者の頃、『作家の時間(ライティング・ワークショップ)』と出合い、⼦どもたちが学びを展開していくワークショップのとりこになる。2021年7⽉、共著『社会科ワークショップ〜⾃⽴した学び⼿を育てる教え⽅・学び⽅』を出版。⼦どもたちが学習のコントローラーを握り、⾃⽴して学んでいく姿をどの教科でも実現しようと⽇々奮闘中。モットーは「徹底的に⼦ども⽬線」。まずは⼦どもの⽬線まで降りて、⼦どもたちの声に⽿を傾けることを⼤切にしている。

  • co-ed Cafe(コエドカフェ)

協育プラットフォーム「coedu(コエデュ)」の⼀つとして、「先⽣と先⽣、先⽣と保護者の連携強化」を⽬的に開催し ているのが、「co-ed Cafe(コエドカフェ)」です。
ご存知の通り、先⽣⽅は様々な業務に追われて⾮常に多忙な毎⽇を過ごしており、他校の先⽣とのコミュニケーションや 情報交換の機会があまりないのが現実です。⼀⽅、先⽣と保護者が直接話をする機会もかなり限られています。
weclipでは「co-ed Cafe(コエドカフェ)」を通じて、先⽣同⼠また先⽣と保護者や⺠間企業との接点を作り、様々な 意⾒交換を⾏う中で気付きを得ることが、ひいては⼦どもたちの幸せにつながっていくと考えております。
「気楽に、気軽に、教育について語り合う」をコンセプトに、まさにCafeのような空間作りを⼼掛けており、先⽣や保 護者の他、スポーツクラブのコーチや保育⼠、先⽣を⽬指している⼤学⽣も参加してくれています。
またzoomを⽤いたオンライン開催のため、⽇本全国さらには海外からの参加者もおり、地域や国の垣根を超えた意⾒交換の場となっています。
教育に関⼼のある⽅であれば、どなたでもどこからでも無料でご参加いただけます。ご興味のある⽅は、ぜひお気軽にご連絡ください。
※過去イベント⼀覧 https://weclip.jp/pastevents/
※コエドカフェ LINEお友達追加はこちらから https://lin.ee/EyfFr2p